フォトブックってどんなの?

フォトブックと写真集の違いは?

写真集は、基本的には市販されているものを指します。アイドルや動物などの写真をコンセプトやテーマに沿ってまとめ、写真だけでそれを見る側に伝えようとするものです。それに対し、フォトブックは個人向けの写真集制作サービスのことをいいます。写真だけでなくコメントをつけて、自分の好みに合わせた編集や加工をするのが特徴です。

デジタルカメラやスマートフォンの普及で撮った写真をすぐに確認できるようになり、誰でも気に入った写真を気軽にとれるようになったことと、プリントアウトする前に写真の加工が簡単にできるようになったことが、フォトブックの普及につながりました。
結婚式の記念や子供の成長記録としてフォトブックを作ったり、新郎新婦の友人がフォトブックを作成してプレゼントするなどの用途もあります。

フォトブックの作り方は?

フォトブックはパソコンやスマートフォンの写真を利用して作成します。まず、フォトブック用の編集ソフトを使用するデバイスにダウンロードします。編集ソフトは何種類かあるので、自分が使いやすく目的に合ったサービスを選ぶとよいでしょう。
ハードカバーにして高級感のあるものにするのかソフトカバーのカジュアルなものにするのかなど写真集の形態を選んだら、フォトブックのテーマを決めます。「夏の家族旅行」「ご近所の猫」などのテーマがあると、写真を選びやすくなり統一感が出ます。

たくさんの写真を載せるよりも、大きな写真を使う方が見た目がよくなります。人物がテーマでも、お弁当の写真などを入れてレイアウトのアクセントをつくりましょう。コメントの工夫で、月日が経っても撮影時の状況がわかります。